" /> (6) 猫の楽園+

2016年05月09日

本物?影?人々を混乱させまくるネコが激撮される

image/2016-07-14T083A513A04-1.jpg

その柔らかな肉球の上で、私たちを転がしてくれるネコ様

ツンデレやミステリアスな態度で人類を虜にしては、もてあそんでくれるのだ

ああ、ありがたき幸せ

今回も1匹のネコが、多くの人々を翻弄しているという

なんと、ある方法で人間の目を惑わしているのだとか

ふーむ、一体どんなふうに…?

海外サイト『Imgur』に投稿された、1枚のネコ写真

ふむふむ、たしかに写真の上に1匹の茶白ネコ様が見えるな

サンサンと降り注ぐお日様を一身に浴びて気持ちよさそう

影もニャンコの形にくっきり……って、この影に“目”が付いているじゃないか!

影なのにどうして…!?

実はこの子、影じゃないんです

本物のネコなんです

1匹の黒ネコが、茶白ネコと全く同じ姿勢で、隣にいるだけなんです

な〜るほどね!

この写真を撮影した飼い主さんも
「シャドウって名付けるべきだったかな」
とその影っぷりに驚いたようだ

ネット上でも「パッと見ビックリした」など、多くの人が混乱した模様

もちろん、すぐに「影じゃない」と見破った人もいるはずだが、あなたの場合はどうだったかな?


参照元:Metro(英語)、Imgur
執筆:小千谷サチ
(ロケットニュース24 05/09 13:30)
posted by ねこ仙人@ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

雨の日にニャンちゃんの足跡を残せる!傘の先端に取り付ける「肉球スタンプ」がカワイイ

image/2016-01-07T123A473A04-1.jpg

足跡を見ると、その跡の主かはだいたいわかりますよね?

男なのか女なのか、大人なのか子どもなのか…

一方で、この足跡

きっと猫ちゃんのものに見えてしまうでしょう

違うんです

これ、傘なんです

オンラインショップの「fu-bi(フウビ)」が発売しているのは、その名も『肉球スタンプ 傘キャップ』(税込980円)

傘の先端やハンドルに付けるキャップが、肉球デザインになっているのです

これ、傘の先端に付けたとしましょう

そして、どこかの壁に立てかけたとします

キャップはシリコン素材でできているため、すべり止めの役割になる

要するに、ズルっとすべりにくくなるのです

もしくはこのキャップを持ち手側にはめてあげ、テーブルに引っ掛けてもすべり止め代わりになる

倒れて、拾って、また立てかけて……という面倒な手間が省ける一品です

しかし今回紹介したいのは、その機能じゃない

この肉球を付け、雨の日の地面に置いたとします

そして、雨が上がった

道が乾いた。こうなってから乾いたアスファルトへ接地したら、見事に猫の足跡が残るわけですよ!

「この"肉球キャップ"は、やはり女性の方が多く購入されている印象です。もちろん、お子様にもすごく喜んでいただける商品だと思います」
(fu-bi代表・鈴木さん)

この"肉球キャップ"は6月の梅雨期より発売がスタートしており、現在までに約1000個を売り上げているそう

とはいえ、雨季シーズンが過ぎても活躍の場はやって来るでしょう

「雨の日だけでなく、雪や土で押し付けても猫の足跡を作ることができますよ!」
(鈴木さん)

なるほど

砂浜や砂場のような乾いた砂地でも跡はつくので、お子様の遊びなどにも使えそうです

ラインナップはオレンジ、グリーン、イエロー、ピンク、ブルーの5色を展開

足跡に色は付かないので、傘とマッチするかどうかで選んでください

「人気のカラーは、ピンクとブルーになっております」
(鈴木さん)

S、M、Lと3サイズがあり、一般的なビニール傘にはまりやすいのはLサイズ(直径15.5〜18mm、深さ35mm)だそうです

主に「可愛い!」という反響が同店には寄せられているそうですが、それはもう言うまでもない

傘を持っているはずが、後ろを振り返ると、なぜか猫を散歩させている気分になります


(寺西ジャジューカ)
(Excite Bit コネタ 01/07 10:00)

posted by ねこ仙人@ at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

「ネコにチョコレート食べさせた」に愛猫家仰天。TBSに「ネコが死ぬぞ」「放送を止めてくれ」

image/2016-01-07T153A373A20-1.jpg

かわいく賢いネコを大集合させ、視聴者に癒しと笑いを届けるテレビ番組だったはずなのに、愛猫家から「ネコが死ぬぞ」といった厳しい批判が上がることになってしまった

食事のシーンでネコに与えていたのが、ソフトクリームや、チョコレートでコーティングされたアイスクリーム、しぼりたての牛乳だったからだ

問題の番組は2016年1月4日放送のTBS系番組「ハッピーあにまる2016」で「激カワ&爆笑ネコ大集合」というコーナーでのことだ

かわいいネコの紹介にはとどまらず、様々な特徴や特技のある猫が登場した

「ユーチューブ」などで人気のネコの動画も紹介された

そしてその中に愛猫家たちから「ダメでしょ、ダメだよ」「動画を流すな!」などと悲鳴があがるものが含まれていたのだ

それはロシアンブルーのオスネコが、二本の前足でソフトクリームのコーンカップを器用にしっかりと抱え、美味しそうに舐めているというもの

そしてチョコでコーティングされたアイスも美味しそうに舐めていた

ツイッターや掲示板には、
「チョコ食ったらダメだろ!!!!死ぬぞ」
「猫にアイスクリーム?それもチョコアイスはあかんでしょ 病気になるよTV局も動画流してないで飼い主に注意するべきでしょ」
「最初はバニラ食べててんけどチョコアイス食べてるのまで流しててん。しかもナッツも乗ってた」
「最近こういうテレビ多くて腹立たしいです。飼い主もだけど、制作者側が無知なのか、知ってるけど かわいいから気にせず放送してるのか...。これみてまた無知な飼い主が真似したらどうする気なんでしょう...」
などといった批判が大量に出た

また、別のネコが搾乳している牛舎に入って行き、乳をダイレクトに口で受け取り美味しそうに飲む、という様子も放送され「ネコに牛乳はダメだ」などと指摘する人もいた

●チョコは絶対に与えてはダメ、死亡する可能性も

ペットフード会社やネコの食事に関する専門サイトを見ると、ネコに食べさせてはいけない食品が載っている

チョコ、乳製品、ナッツ、牛乳、カフェインを与えてはダメだとしている

乳製品や牛乳に関しては、乳糖を分解するラクターゼという酵素が少ないからで、下痢を起こすことがあるという

ナッツに関してはセルロースを消化できないため腹痛や下痢をする可能性があるそうだ

チョコに関しては危険度が高く、絶対与えてはならないものの一つだ

テオブロミンという物質が分解できないためで、最悪の場合は命を落とすこともある

今回のネット上の騒ぎについてTBSに対し読者から苦情は来ているのか、そして今後どのような対応をするのかを問い合わせたところ、
「この番組に限らず、視聴者の皆様からは、日頃から様々なご意見をいただいておりますが、その内容については従来から公表しておりません」
とだけ回答があった


(J-CAST 01/06 18:15)
posted by ねこ仙人@ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ソラマチ×「じゃらん」のコラボスイーツ第三弾が登場☆「にゃらん」のミニ写真展も開催!

image/2016-01-07T183A353A42-1.jpg

旅行情報誌「関東・東北じゃらん」の公式キャラクター「にゃらん」

CMで見せるキュートな姿に夢中になってしまった方も多いのでは?

そんなにゃらんと東京ソラマチがコラボレーションし
「ソラマチのスイーツめぐり」
と題して、にゃらんをモチーフにした
「にゃらんスイーツ」
を販売しています

2016年1月4日からは、新年にちなんだ限定スイーツがお目見え!

かわいい「にゃらんスイーツ」を食べに、週末は東京ソラマチにお出掛けしてみては?

では、気になる「にゃらんスイーツ」を紹介します!

旅行情報誌「じゃらん」の公式キャラクター「にゃらん」

首からバッグを提げて日本各地を旅をするCMで一躍注目を集め、その愛らしい姿が多数のファンを獲得しました

猫の「きまま」さが「じゃらん」のイメージにぴったりだったことから、2007年にキャラクターとして起用が決定

以来、猫ならではの自然な表情やしぐさが、旅行の楽しさを人間以上に発信しています


【にゃらんプロフィール】

ふらっと気の向くままに旅に出るのが大好き

旅の達人である初代にゃらんに憧れ、ともにさまざまな旅を経て 2代目にゃらんを襲名

初代と同じく川崎に住んでおり、 最近では写真に凝っているのだとか


じゃらんが創刊25周年、ソラマチがオープン3周年を迎えた2015年

記念として生まれたコラボレーション企画が、今回の「にゃらんスイーツ」なのだとか

コンセプトは、「季節に合わせたにゃらんスイーツを巡ってのソラマチ内のお散歩」

夏、秋、冬、春の年4回に分けて、それぞれ異なったテーマのスイーツを展開しています

2015年夏からスタートした「にゃらんスイーツ」

夏には桃やマンゴーといった旬の果物を活かしたフルーティーなスイーツ、秋には栗やさつまいもを使用した濃厚な味わいのお菓子が登場しました

第三弾であり、2016年の幕開けとなる今回のテーマは「願掛け」

新年にちなみ夢や幸せを応援する限定スイーツが、1月4日より東京ソラマチ内の9店舗にて販売されます

ただし、売れ行き次第で取り扱い終了が早まるなど、販売期間が変更となる可能性もあるそう……気になるスイーツがあるときは、早めに手に入れた方がよさそうです

さらに今回は、ミニ写真展も同時開催!

1月4日から1月31日までの期間限定で、にゃらんがさまざまな土地を旅した様子を紹介しています

温泉や紅葉などを満喫する「にゃらん」の写真パネルやさまざまなグッズが、ソラマチ内タワーヤード2階「フードマルシェ」の一角に展示されるとのこと

展示内にはイートインスペースも設けられ 「にゃらんスイーツ」を食べながら写真展を楽しめるのだとか

入場料無料なので、ふらりと立ち寄れるのも高ポイントです

ちなみに3月頃より、桜をモチーフにした「にゃらんスイーツ」第4弾の販売を予定しているとのこと

猫好きの方はもちろん、甘いものに目がない方も、期間限定のスイーツを求めて、東京ソラマチへお散歩に出掛けませんか?


(さとうまほ/Pistachio)
(マイナビウーマン 01/06 11:24)
posted by ねこ仙人@ at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶさかわいい表情のネコ「ぶさにゃん」を撮影し続けるインスタフォロワー3万人の沖昌之さん

image/2016-01-08T083A153A58-1.jpg

街で見かけたネコの写真を撮り続け、インスタグラムのフォロワーが3万人を超えた人がいる

名前は沖昌之さん

下町で暮らすネコの写真を集めた『ぶさにゃん』(新潮社より発売中)も好評だ

まずは沖さんが撮影したネコの写真から

「3番目の写真はメスネコが木に登ったところです。木のそばに発情したオスネコがいるんですけど、実はそのネコがしつこく後をついてきていて、それでメスネコが木の上に逃げてきたわけです。その一部始終を見ていたおばさんがほうきを持って走ってきて、オスネコを追い払ってました」

―なるほど!!

「ちなみに、僕に対しても『何やってんの!?』という感じで追い払われましたけど(涙)」

時間があればネコに会うためにウロウロしている沖さん

実は幼い頃にネコに近寄れなくなるエピソードがあったという
「母が大のネコ好きで、実家でもネコのサスケを飼ってたんですけど、子どもの頃に僕がサスケのしっぽを握りまくって遊んでたんです。そしたらひっかかれてしまって。それ以降はどんなにかわいくても近寄れなくなったんです」

沖さんはネコに片思いの状態のまま、月日は流れた

「2年前の大晦日。とある公園にいると、可愛いけど、どこかブサいくな表情のネコが現れたんです。僕はそのネコを『ぶさにゃん』と呼ぶようになりまして。ちょうどその時に一眼レフのカメラを持っていたので撮影してSNSで公開しました。すると国内外からたくさんの『いいね!』をもらえたんです」

当時、日常生活において、楽しいことがあまりなかったという沖さん

ぶさにゃんは沖さんの前に度々姿を表すようになり、沖さんは本気でぶさにゃん及び、ほかのネコの写真を撮るようになった

―インスタグラムのフォロワー数がすごいことになってますよね

「ありがたいことに3万人を超えてます。台湾をはじめ、海外からの反響も大きいです。今後、台湾で写真展ができればと思ってます」

沖さん流、撮影時に気をつけていることを聞いてみた

「実際、ネコが獲物をとれなかった瞬間とか、何かに飛び移ろうとして失敗した瞬間に笑ってはダメというのをよく聞きますね。ネコのほうも『今のはわざとですよ』という表情をする時があります。そういう場面に出くわした瞬間、なるべく目を合わせないようにしています」

「ネコがブランコに乗ってたんですけど、撮れなかったんです。乗っている瞬間を見かけたので『あ!』と思って望遠レンズに変えようとした時は時すでに遅しでした」

ネコが降りたあと、ブランコがゆらゆらと揺れているのが気になるようで、触ろうとしていたそうだ

つかず離れずの関係が良いそうだが、悩ましいと思うこともあるそうだ

「昨日は人懐っこく近づいてきてくれたのに、日が変わるとよそよそしくなっていることがありまして。思わず、『何かあったの?』と思ってしまいます(笑)」

ネコの写真を撮っている人の中で
「昼間にカメラを持って住宅街をウロウロしていたら職務質問された」
という人は少なくないのではなかろうか

その地域の人に声をかけられたら、愛想よく答えるようにしたいところ

「僕は職務質問はされたことはありませんが、地域の人に声をかけられることはあります。すぐに『ネコを撮ってるんです』と言って、モニター画面を見せます(笑)」
「路上にネコが現れて、そのネコを別の人が撮ろうとしていたら、その人に譲ります。焦って撮っても仕方がないですし」

本気でネコの写真を取り始めた頃は、一枚でも良い写真を撮ろうと欲張ろうとしたこともあったそうだ

沖さんはたくさんの写真を撮っているうちに、ある考え方をするようになった

「僕が一人でいる時にシャッターチャンスがあっても、タイミングが悪くて撮れない事があるんです。そんな時は『せっかくシャッターチャンスを与えてくれたのに、自分がうまく撮れなくて申し訳ない』って思うんです」

謙虚な沖さんは今日も謙虚にネコの写真を撮っている

(取材・文/やきそばかおる)

●「ぶさにゃん」(沖昌之著 新潮社刊)発売中

下町で遭遇したネコが見せてくれた色々な瞬間を収めた1冊

ぶさかわいい表情・しぐさにヘン顔、脱力ポーズ、思わず二度見のびっくりな体勢や、ほっこりするフワモフなお顔が心を癒す写真集

※記事中に紹介した写真も一部掲載されています

猫写真家・沖昌之のブログ「野良ねこちゃんねる」


(Excite Bit コネタ 01/06 10:00)
posted by ねこ仙人@ at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事